三重

【グランピング】電車で行く伊勢志摩エバーグレイズの宿泊レビュー【前編】

伊勢志摩エバーグレイズ

三重県にある伊勢志摩エバーグレイズでグランピングを体験してきました。

初めてのグランピングで、新鮮で充実した時間を過ごせたました。

滞在中の感想や情報を2つの記事に分けて投稿したいと思います。

グランピング(Glamping)とは??

皆さま、グランピングはご存知でしょうか。

最近色々なメディアでも取り上げられて話題になっていますので、ご存知の方も多いとは思いますが、念の為説明します。

グランピングとは、グラマラス/Glamorous(魅力的な)キャンピング/Camping(キャンプ)を組み合わせた造語です。

キャンプはとても楽しいですが、準備や後片付け等の面倒な作業を全て自分でしないといけないですよね。

もちろんそれがキャンプの醍醐味であり楽しさなのかもしれませんが、その作業がどうしても億劫(おっくう)になることがあるかと思います。

そんな時にオススメなのがグランピングという宿泊サービスです。

必要なものは全て準備されていて、後片付け等の面倒な作業も全て施設側がやってくれます。

また、冷暖房の設備も整っていることが多いので、季節関係なく楽しむことができます。

予約がいっぱいでなかなか取れない

伊勢志摩エバーグレイズの宿泊予約は、宿泊日の3ヶ月前から可能です。

※ポイントクラブ会員になっている場合は、4ヶ月前から予約可能。

筆者が見た時は、土日や祝日等の休日は予約がすぐに埋まってしまっていました。

休日は難しいと思い、今回筆者は会社にお願いして金曜日に有給をいただき、金曜日〜土曜日で1泊2日することにしました。

とろろ
とろろ
平日は休日よりも宿泊費が安いのでオススメですよ!

伊勢志摩エバーグレイズの予約ページ
▲予約は伊勢志摩エバーグレイズの公式サイトの予約ページから可能です。

今回は「グランピング・サファリテント」で予約

グランピング・サファリテント
出典:伊勢志摩エバーグレイズ

伊勢志摩エバーグレイズのグランピングサイトには3つの種類があります。

  1. グランピング・カリブ《カヌー付》
  2. グランピング・サファリテント《カヌー付》
  3. グランピング・ジェリーフィッシュ《カヌー付》

宿泊費用が高い順に並べてみました。

それぞれのサイトに特徴があるため、どこが一番いいとかは分からないですが、設備として一番豪華なのはやはり「グランピング・カリブ」ですかね。

ということで今回筆者は「グランピング・サファリテント」を予約しました。

ゆっけ
ゆっけ
グランピング・カリブは予算オーバーでした(笑)次回のお楽しみ!

近鉄電車で「穴川駅」へ

近鉄穴川駅

穴川駅は無人駅ですが、ICカード(ICOCA、PiTaPa、Suicaなど)の利用も可能です。

伊勢志摩エバーグレイズは穴川駅から徒歩10分

伊勢志摩エバーグレイズへの道案内の標識

穴川駅を出て右方向に歩いて行くと、左手に看板が見えてきます。

伊勢志摩エバーグレイズへの徒歩近道

看板通りに道を進んで歩いて行くと、1本道が出てきます。

伊勢志摩エバーグレイズへの道中の看板

道を進んで行くと何やら怪しげな看板を発見・・・(笑)

伊勢志摩エバーグレイズへの道案内の標識2

看板通りに進みます。もうすぐ到着です!

伊勢志摩エバーグレイズへの入り口

ここが徒歩で来た際の入り口になります。

やはり車で行く人が多い

伊勢志摩エバーグレイズ車横付け

駅から徒歩10分の距離で、そこまで交通アクセスが不便なわけでもないですが、やはり車で来られている方がほとんどだったかと思います。

というより最寄り駅から歩いて来てそうな人を一人も見かけておりません・・・(笑)

筆者は自家用車を所有していないので、レンタカーを借りてもほとんど施設内で過ごすだけで移動することもないかと思い、電車で行くことにしました。

困ったことはただ一つ、コンビニやスーパーまでの距離が遠いことです。

コンビニもスーパーも車で行けば5分程度のすぐ近くの場所にありますが、歩くと20分〜30分ほど掛かってしまいます。

ゆっけ
ゆっけ
夜遅くに歩いてコンビニに行きましたが、街灯も少なく、歩道も細い上に車通りが多いので、なかなか危ない道でした。

施設内は車で入り自分のサイトに横付けにすることができますし、自家用車を持たれている方は車で行くことをオススメします。

持ち物・グランピングは手ぶらでOK

  • 着替え(1泊分)
  • カメラ
  • スマホ
  • 膝掛け(寒いかと思いましたが、現地に用意されていました)
  • ルームウェア(ホテルにあるようなパジャマは用意されていませんでした)

今回、筆者が持っていった持ち物です。少ないですね(笑)

普通のキャンプとは違い、必要なものはほとんど施設で用意されているのでありがたいですね。

バスタオルやシャンプー・リンス等のアメニティーも施設にしっかり用意されていました。

もう一つ、アウトドアリゾートバスでオシャレな雰囲気を出す為に、プロジェクションバスアロマを持って行きました。

水中に光を投映して、幻想的な光の演出をしてくれるのでオススメです。アロマも楽しめますよ!

後編へ続く

部屋の雰囲気や滞在中の情報は後編で記載しております。

伊勢志摩エバーグレイズ
【グランピング】電車で行く伊勢志摩エバーグレイズの宿泊レビュー【後編】前回に続き、伊勢志摩エバーグレイズのグランピング体験記を書きます。 チェックインからチェックアウトまでを当記事で、予約や伊勢志摩エバー...